願いが叶うネックレス

話題のドギャードが大セール

1991年にマルシアメイゼルクラーク( Marcia Maizel-Clarke)に誕生したドギャード。伝説になったドギャード・アクセサリーは、「メイクアウィッシュ(make a wish)プチペンダントシリーズや「願いがかなう」=メイクアウィッシュがあります。
ドギャードは米国セレブの愛用ということもあり、品切れするショップが続出しています。
「願いを託して身に着け、ネックレスが切れると願いが叶う…」L.A.で生まれたドギャード(Dogeared)の伝説に、いま世界中が大注目しています。言葉やシンボル、願いや夢を叶える魔法が込められたアクセサリーが、希望に満ちた毎日を送るパワーをきっと与えてくれるでしょう。
「身に着けていたら願いが叶った」「別れてしまった恋人とやり直すことができた」とアメリカ全土人気が広がっています。
ドギャートの人気は、夢が叶う奇跡とともに海を越えて、日本やヨーロッパにも喜びの輪が広がっています。

ドギャートはすべて手作り

ドギャードのアクセサリーはひとつずつ願いを込めながら手作りされています。手作りゆえに、それぞれ形やサイズに微妙な違いがあります。同じものが2つのないのがいいですね。また、チャーム、チェーンに所々見られるゴールドのいぶし色やひずみは、素朴な風合いを出すためにアンティーク加工がほどこされているためです。

ミーシャ・バートン愛用のwishbone

ドギャード)のアクセサリーを調べていると、いろいろなお店でミーシャ・バートンの名前がでてきますが、実際にミーシャバートンが愛用していたモデルというのは大きいサイズなのです。日本で一般に売られているのはそれよりもかなり小さいモデルです。
大きいミーシャ・バートンモデルはというと、やはり価格の分だけかなりがっちりしています。大きさもそうですが、作りも小さいものよりも頑丈で存在感があります。実際に価格も高めなので高級感があります。
また、ちょっと今日のファッションは地味かな?って思うときのアクセントとしてもばっちりです。とてもかわいいアクセントになってくれること間違いなし!一つはこういう大き目のアクセサリーを持っていたいものです。チェーンの長さは約48cm、チャームが約2cmくらいです。

チャームも可愛いしピアスもあります

ドギャードはチャームの種類が豊です。シンプルなものが多く、どんな格好にも合わせられるのが特徴です。
また、ネックレスで有名なドギャードですが、実は、ピアスもあります。あまり知られていないので、レアモノアクセサリーとして、注目を集めること間違いなしですね。
ピアスの他にも、ブレスレットも豊富ですので、きっとお気に入りのアクセサリーが見つかるはずです。

スポンサードリンク